銀行カードローンを利用してみた

みずほ 先日、クレジットカードの支払いが滞っており、引き落としができずにカード会社の方から電話をいただいてしまいました。税金や年金の支払いが重なり、クレジットカードの、ことまで気がまわらなかったのです。でもカードも払わないとブラックリストに載ってしまうかも、と思い焦りました。カード会社に返さなければいけない金額は遅延損害金も含めて8万円ほどでした。

あまり頼りたくなかったのですが、初めてみずほ銀行カードローンを利用することができました。私はメインバンクをみずほ銀行にしていたので、銀行にいったときやホームページで残高照会をしたときに、みずほ銀行カードローンの広告はよく目にしていました。消費者金融などに比べると、信用度も高いかなと思ったので決めました。銀行口座を持っていると、インターネット上から簡単に審査の申し込みができました。

名前や住所、他社への借入などを入力しました。またみずほダイレクトというネットバンキングを利用していたので、よりスムーズでした。本人確認書類もいらないのです。ネット上ですべての情報を入力すると、申し込み完了となり、翌日にカードローン用口座が作ることができた旨の連絡があり、8万円を借入することができました。ネット上で全て済んだので、お金を借りるという恥ずかしい思いもまったくなかったです。幸い、給料日にすぐに返済できたので、利息も多くなく、とても助かりました。また急にお金が必要になったときには、計画的に利用しようと思います。

三井住友銀行カードローンの審査は最短30分で終わる

銀行やキャッシング会社でカードローンの申し込みは通常、収入証明書を用意して提出する必要がありますが、三井住友銀行カードローンは300万円以下の申し込みなら、収入証明書を用意する必要はないです。300万以上になると収入証明書を提出しないといけませんが、最高で800万円の申し込みができます。審査も最短30分で終わるので、即日融資を望んでいる人にオススメです。

即日融資とは、即日の内に融資が受けられるという事です。カードローンの申し込み方は、銀行窓口や銀行内に設置しているローン契約機でもできますが、電話やインターネットでもできます。インターネットは24時間受け付けているので、忙しくて銀行まで行っている時間がない人や待つのが苦手なにオススメです。その他にもインターネットだと、利息や返金方法も詳しく載っていて、疑問に思った事はメールで質問する事もできます。

審査もインターネットから受ける事ができます。審査に通ったという知らせは審査を受けたその場で出すか、午前9時から午後9時の間に電話かメールで知らせてきます。電話とメールのどちらで知らせるかは、審査を受けた時に設定できます。三井住友銀行カードローンの審査に通り実際に借入や返済をする時は、わざわざ三井住友銀行まで行かなくても、近くのコンビニに設置しているATMからできます。

 

審査の甘い消費者金融をみつける

今だからいえる話ですけど、僕は、12ほど前に消費者金融やクレジット会社のキャッシングに手を出していました。それは、違法行為でもなんでもないからいいんですけど、その後、半年位で仕事が激減して、毎月の支払ができなくなり、困ってました。携帯電話に催促の電話が何度もかかってくるようになり、無視していました。そのうち自宅にまで取りに来るようになりました。弁護士先生に電話しました。

無料で相談にのるからといわれ、電車で東京までいきました。30分5000円ということでした。いきなり、全部でいくら借金があるのかと聞かれ、たしか、当時は、6社で200万位ありました。結局、いわれるがままに、弁護士が間に入ることになりました。なんだかんだで、5年ほどで完済しました。普通は、一度、弁護士を入れて債務整理をすれば、その後は借りれないと思っていました。

しかしながら、ネットで審査の甘い消費者金融を見つけ、申し込んだら、審査OKになりました。マジかよと思いましたが、実際に大丈夫でした。だから、友達からお金の相談が来たら、審査の甘い消費者金融で検索するように勧めています。もちろん、借りたら、しっかり返さないといけないともいいますけどね。

 

某社のカードローンの元金を減らせず、生活資金をアコムで借りました

カードローンで数百万円の借金がある者です。毎月定期的に返済はしておりますが、まだまだ残高は8割以上あります。最近、仕事の都合で出費がかさみ、生活資金がパンクしてしまいました。そこで、アコムにお願いして、資金を用立ててもらいました。審査に通るか不安でしたが、希望額の3分の1なら融資が可能との結果を頂きました。早いこと事業に一段落を付けて、質素倹約に努めたいです。

【体験者の情報】
性別:男
職業:自営業
年齢:50歳
借入額:10万円(総額は数百万円)
借入先(業者):アコム

▼カードローンは万能ローン?
私は、成り行き任せで事業を始めてしまった、元個人事業主です。不景気と言われる昨今、銀行は大企業ばかり融資して、中小企業に対する融資がほとんど行われていません。もっとも、私の事業の財政状態が明るくない以上、それも仕方がないことでした。

以前、生活資金の殆どをカードローンで補っていたため、現在も数百万円の借金を抱えています。もちろん、返済も行っていますが、返済額以上に借入額のほうが多い月もあり、雪だるま式に借金が膨らんでしまいました。

▼資金繰りに苦悩
元々、私はあまり起業に乗り気ではありませんでした。そんな私を変えたきっかけが、友人の成功体験でした。彼は、ネットビジネスのベンチャー企業を立ち上げ、2年後には大成功を収めておりました。それを聞いて、私もネットビジネスに参入しましたが、結果は言うまでもありません。

元々、経営者としての経験も無く、やる気とわずかばかりの退職金が頼りでした。全てのお客様が賛同してくれなくても、ほんの1%の方が愛好家になってもらえれば、十分採算は取れると思っていました。

しかし、現実は甘くありませんでした。成功と失敗を繰り返しているうち、貯金も底をつき、服や雑貨など、身の回りのものを売って資金を調達する、「自転車操業」生活となりました。

▼親戚や友人を回るが、断られる
カードローンを利用する前、私は親戚や友人に頭を下げて回り、お金を借りていました。最初は融資を受け入れて下さった皆様も、だんだん返済を催促するようになりました。元々私が悪いのですが、一度立ち上げた事業を潰したくないので、「いつか返す」とごまかしておりました。

ところが、一部の親戚が弁護士事務所に相談を持ちかけたらしく、「正式に支払い開始を行うべし」と、通告を受けました。裁判沙汰は困るので、私も代理人を立て、交渉を行いました。結果、毎月の収入から一定額を天引きすることで、交渉がまとまりました。これで後がなくなり、自己破産や任意整理の手続きも検討し始めました。

▼アコムのカードローンに一縷の望みをたくすが・・・
その後、事業資金のやりくりで生活資金が底をついたため、アコムのカードローンを利用しました。アコムを選んだ理由は、個人事業主のための「ビジネスサポートローン」が用意されていることが大きかったです。これで事業資金の用立ても行えます。また無人機を使って契約ができますので、人目を気にする必要がないという点にも惹かれました。ただ、「アコムくらいしかまだ借り入れをしていない消費者金融がなかった」という理由が一番大きいのですが・・・。交渉時に作成した誓約書には、「新たに借金をしてはいけない」とは書いておらず、これは大丈夫だろうと確信しておりました。

結果として、希望額の3分の1が認められました。マイナス要素として、「複数の消費者金融のキャッシングサービスを頻繁に利用していること」、「返済こそ滞っていないが、限度額いっぱいまで融資を受けていること」が考えられました。その時、私は「ケチくさい銀行屋だなー」と思っていました。今でも、この時のお金に対する考えの甘さを、反省しております。

▼質素倹約の大切さを実感
親戚と友人からの借金をある程度返した後、任意整理の準備のため、司法書士事務所を訪れました。事務所を訪れる前は、「何とかなるだろう」と思っていました。しかし、お会いして早々、厳しいお言葉を頂きました。私は大変ショックを受けましたが、これも愛のムチだと思い、黙ってメモを取りました。

話し合いの結果、事業の継続は困難であること、今すぐ借金全額を返さねば、家を売り払う必要が生じることなど、現実的なリスクを突きつけられました。私は、「事業の整理」と「借金の継続的返済」は同意しましたが、「自宅の売却」は同意できませんでした。そこで、家などの重要な財産を保ったまま、安定した職につき、数年を掛けて少しずつ借金を返済するプランを見積もりました。

▼お金を借りる前に、考えたいこと
現在も、借金返済のため、長い時間働いております。50歳という年齢もあり、一般企業への転職は難しく、知人に清掃会社の清掃員の仕事を紹介してもらいました。知人や親戚との関係は、とても大切であると、痛烈に実感しました。

消費者金融は、多くの方が利用されるサービスです。もっとも、借金は計画的に行うものです。「みんなやっているから大丈夫」と思わず、「アナタはどうしてそのお金を借りる必要があるの?」と、自分に問いかけてみて下さい。明確な答えが出ない時は、質素倹約を心がけて下さい。きっと、心が楽になるでしょう。